ホーム > 製品情報 > TKケーブルプロテクト

延焼防止艤装品 - 船などで火災が発生した際、燃え広がるのを防ぐ装置

A 級(A60、A0)共通工法/新造船・修繕船共用工法 舶用電線貫通部防火システム 「TK ケーブルプロテクト」TK CABLE PROTECT(特許出願中)

熱反応素材を使用した“TK ケーブルプロテクト”は軽量・無害。
作業性と安全性を追求した、環境対応型製品。

TKケーブルプロテクトの特長

完全乾式工法
  • 充填するだけの簡単作業
  • 解体可能で、ケーブルの追加・再通線が容易
  • 素材は再施工時に再利用でき経済的
  • 完全乾式素材の採用により、経年劣化無し
簡単施工(電線束ね工法)
  • 電線束ね工法で、施工は簡単
  • 素材はカッターナイフで容易に加工( 特殊工具不要)
  • 75mm 以上のコーミング長に対応
施行範囲及び鋼管サイズに柔軟対応
  • 施行範囲:50㎜×50㎜(0.0025㎡)から260㎜×800㎜(0.208㎡)まで対応
  • 鋼管サイズ:25Aから125Aまで使用可能
  • ケーブル占積率:最大39%まで通線可能

 

フレキシブルな素材

素材は弾力性に富み、船舶の激しい振動にも耐えます

●軽量材料

素材密度は0.66g/cm3と軽く、現場作業の軽減に役立ちます

●発泡剤料

熱反応素材の採用により、ケーブル周囲の小さな隙間等は火災熱により埋まり延焼回避

膨張前/膨張後

作業手順

[Step.1]整線する前にコーミング内の油分およびスラッジ等の清掃。[Step.2]150~200φに整線後、バインド線または巻きバンド等で固定。[Step.3]コーミング内のケーブル周囲を熱発泡ブロックを詰込む。(5mm 角程度の隙間は問題ありません)[完成]振動により小さな熱発泡ブロックが脱落しないようにブロック継ぎ目および電線の周囲にシリコンを片面のみ充填して完成。[甲板タイプ]詰込んだ熱発泡ブロックが落下しない様、巻きバンド等を格子状に取り付ける。[ケーブルの追加も可能です]追加ケーブルのサイズを考慮し、熱発泡ブロックを切り取り、通線後に切り取ったブロックを周囲に詰込む。

人に優しい環境対応型製品|軽くて作業性に優れ、素材切断時に浮遊粉塵も発生しません。