ホーム > 製品情報 > 消音器ユニット

消音器ユニット - Silencer unit

HZME型消音器ユニット・「サイレンサ」・「スパークアレスタ」・ コンビネーションタイプ「スパークレスサイレンサ」

排気消音器 サイレンサ

累計出荷台数:3177台(2009年4月末現在)
 

HZME 型消音器は、複数の消音室と特殊内管により広範囲な減衰を可能にした「空洞膨張型消音器(SI 型)」です。

  • 膨張型消音器 …構造が簡単で、低・中周波数域での減衰効果が大きい
  • 高減衰型消音器…(膨張型に吸音材を併用) 広範囲な周波数域での減衰効果が大きい

また発電機関用としてコンパクトで排ガス抵抗が小さい、低価格な「吸音型消音器(SI-A 型)」も用意しています。

火の粉排出防止器 スパークアレスタ

累計出荷台数:1133台(2009年4月末現在)
 

スパークアレスタ(SAI 型)は、内部に旋回用羽根を設置し、排ガスエネルギーによる旋回気流を利用した燃焼粒子(火の粉)排出防止装置です。
旋回気流ににより、排ガスの器内滞留期間を長くするとともに燃焼粒子を器内に接触させ、微粒化・冷却することにより燃焼粒子を消滅させ排出します。
また、消滅した燃焼粒子は内部に堆積することなく排出されるため、保守・点検は不要です。(メンテナンスフリー)

火の粉排出防止器兼用排気消音器 スパークレスサイレンサ

累計出荷台数:1691台(2009年4月末現在)
 

サイレンサとスパークアレスタの機能を融合したコンビネーションタイプ(SSI 型)のため、軽量・省スペースです。また、煙突から燃焼粒子を排出させず、内部の一箇所に集積させ定期的に取り除くタイプのスパークレスサイレンサ(SSI-W型)も用意しています。

騒音減衰効果

グラフ

設置例

図