HZME型サイレンサ

スパークレスサイレンサ

HZME型消音器は、1976年に日立造船にて開発し、日本舶用機関学会誌(現、日本マリンエンジニアリング学会誌)に発表しており、その後、実船試験を重ね1979年より日立造船モデルエンジニアリングにて製造・販売をしてきました。
1988年からは、株式会社大晃産業が設計から販売までの一括業務を移管/継承し7,300台を超えるロングセラー商品となっています。

排気消音器 サイレンサ

  • 「空洞膨張型消音器(SI型)」は、2つの消音室を有し低・中周波数域での減衰に効果があります。
     (減衰量:15dB(A))
  • 「吸音型消音器(SI-A型)」は、吸音材を設置することにより、中・高周波数域での減衰に効果があり、コンパクト で圧損を小さくできます。(減衰量:10dB(A))
  • 「高減衰型消音器」は、空洞膨張型と吸音型の併用により、より高い減衰量の確保および低周波域についての減衰 が可能です。(減衰量:20~35dB(A))

火の粉排出防止器 スパークアレスタ

累計出荷台数:1276台(2014年2月末現在)

スパークアレスタ(SAI型)は、内部に旋回用羽根を設置し、排ガスエネルギーによる旋回気流を利用した燃焼粒子(火の粉)排出防止装置です。
旋回気流ににより、排ガスの器内滞留期間を長くするとともに燃焼粒子を器内に接触させ、微粒化・冷却することにより燃焼粒子を消滅させ排出します。
また、消滅した燃焼粒子は内部に堆積することなく排出されるため、保守・点検は不要です。(メンテナンスフリー)

火の粉排出防止器兼用排気消音器 スパークレスサイレンサ

累計出荷台数:2036台(2014年2月末現在)

サイレンサとスパークアレスタの機能を融合したコンビネーションタイプ(SSI型)のため、軽量・省スペースです。
また、煙突から燃焼粒子を排出させず、内部の一箇所に集積させ定期的に取り除くタイプのスパークレスサイレンサ(SSI-W型)も用意しています。

騒音減衰高架
image_figure01
設置例
image_figure02

空洞膨張型消音器
image_figure03
形式 d A B C D E F K G H I J h n x 接続フランジ 質量(kg)
SI D25-168L 250A 1680 1450 115 670 1350 165 395 270 200 35 19 2 25 JIS 5K-250FF 290
SI D30-173L 300A 1730 1500 115 780 1400 165 450 300 230 130 35 19 4 25 JIS 5K-300FF 370
SI D35-223L 350A 2230 2000 115 900 1900 165 510 340 270 170 35 19 4 25 JIS 5K-350FF 490
SI D40-235L 400A 2350 2100 125 1010 2000 175 565 370 300 200 35 19 4 25 JIS 5K-400FF 590
SI D45-265L 450A 2650 2400 125 1120 2300 175 620 400 330 230 35 19 4 25 JIS 5K-450FF 720
SI D50-285L 500A 2850 2600 125 1240 2500 175 680 430 360 260 35 19 4 30 JIS 5K-500FF 880
SI D55-295L 550A 2950 2700 125 1350 2600 175 735 470 400 160 35 19 4 30 JIS 5K-550FF 990
SI D60-325L 600A 3250 3000 125 1470 2900 175 795 500 430 190 35 19 4 30 JIS 5K-600FF 1180
SI D65-350L 650A 3500 3250 125 1580 3120 190 850 530 430 190 50 24 4 30 JIS 5K-650FF 1350
SI D70-375L 700A 3750 3500 125 1700 3370 190 910 570 470 230 50 24 4 30 JIS 5K-700FF 1520
SI D75-385L 750A 3850 3600 125 1810 3470 190 965 600 500 260 50 24 4 30 JIS 5K-750FF 1710

ターゲットサイレンサー

船橋ウイングの騒音対策(70㏈以下)を提案

主機・発電機・通風機などの合成音対策を立案・設計・製作が可能です。

1. 低周波域が減衰できない

100Hz以下の低周波域においても優れた減衰効果が得られます

figure_prod21_001

2. 高い減衰量を確保したい

空洞膨張型と吸音型の併用により、20〜40㏈(A)高い減衰享を確保できます。

3. カスタム対応して欲しい

圧力損失や外形寸法(胴径/全長)など、ご要望に合わせた消音器が製作可能です。

4. トータルサポートできないか

距離減衰・合成音や音の指向性等、船橋騒音規制を考慮した消音器を提供いたします。

HZME型サイレンサー

HZME型サイレンサーは、1976年に日立造船にて開発し、日本船用機関学会誌(現、日本マリンエンジニアリング学会誌)に発表しており、その後、実船試験を重ね1979年より日立造船も出るエンジニアリングにて製造・販売をしてきました。
1988年からは、株式会社大晃産業が技術及び販売権の譲渡を受け、船舶用ディーゼル機関のサイレンサ及びタンカーに設置する火の粉排出防止装置(スパークアレスタ)を含め約8200基納入してきました。(2017年6月現在)

設置例
figure_prod21_002

Hi Eco Silencer

消音効果に加え、燃料費と CO2排出量を同時に削減!

停泊時に主発電機関から未利用のまま放出される熱エネルギーを回収し、船内の蒸気として利用します。また、航海中の主機関の減速運転等により蒸気量が不足した時にも利用できます。

特長

  1. 消音器〈減衰量 >15-20 dB)と排熱回収装置を併用した製品で、機関室の省スペース化が可能です。
  2. 排熱を回収し、蒸気として再利用するため、ボイラの燃料消費を削減できると同時に、 CO2の排出量も削減できる。
  3. 熱交換方法は水管方式を採用しており、排ガスの圧力損失は小さい。
  4. 発電機容量に対応した蒸気量の供給ができる。

停泊時の蒸気供給システム

image_figure04
従来の蒸気供給システム
image_figure05
本開発の蒸気供給システム

効果

image_figure06

外形寸法図

image_figure07
機関形式機関出力[kW]外形寸法[mm]質量[kg]蒸気量[kg/h]
dABCD1D2
6DE-18520350A3050215045014305101400100
3250245040013301550150
4300340045014302300200
6DK-20e1040400A3300210060017306801800100
3700250017802350200
4200300017302700300
6DK-20e1300450A3400220060017806801850100
3300230050015801950200
410029006002500300
5100390016303200400

※蒸発量:3/4負荷時の蒸発量です。また、実際の排ガス流量や排ガス温度により蒸発量は変化します。

実船搭載写真

image_figure08

搭載時期:2013年4月9日(NO.3発電機に搭載)
船名:TRIPLE STAR
船種:52BC(52,454 D/W MT)
船級:NK→DNV
船主:神原汽船株式会社殿
※日本財団の助成金を得て実船搭載試験継続中

実船搭載要領図(既存船への搭載例)

image_figure09

サイレンサユニット(HZME型)として、 3シリーズを用意しています。
サイレンサ(排気消音器)
スパークアレスタ(火粉排出防止器)
スパークレスサイレンサ(火粉排出防止器兼用排気消音器)

※高減衰型サイレンサおよび低周波域の減衰についてもご相談ください。

搭載対象船要目

船名 TRIPLE STAR
船種(トン数) 52BC(52,454 D/W MT)
船級 DNV
発電機要目 発電機容量 kW 440kW×900min-1
原動機容量 480
原動機メーカ ダイハツディーゼル(中国)
原動機形式 5DK-20
台数 3
排ガス量 Nm3/h 100%:2,550
m3/h 100%:6,100
排ガス温度 100%:380
口径 300A
蒸気消費量
(計画値)
航海時 kg/h 817
荷役時 653
純停泊時
船内蒸気 蒸気圧力(ゲージ圧) MPa 0.6

実船試験結果(搭載工事 2013年3月28日〜4月9日)

計測結果
  発電機容量
kW
生成蒸気量
kg/h
圧力損失
kPa
減衰量
dB
計画値 330 ≧ 100 ≦ 1.5 ≧ 15
第1回実船搭載試験
中国(上海) CIC造船所
2013年4月9日計測
300 207 0.39 25.7
25.2
第2回実船搭載試験
韓国(浦項) POSCO
2013年7月18日〜19日計測
315 140    
第3回実船搭載試験
韓国(群山)
2013年12月18日〜20日計測
324 152    
217 114
第4回実船搭載試験
鹿児島(志布志)
2014年4月18日〜20日計測
320 221    
180 152
第5回実船搭載試験
山口(徳山) 東ソー(南陽)
2014年6月17日〜18日計測
305 179    
305 177
第6回実船搭載試験
福岡(苅田) 九電(13岸壁)
2014年7月20日〜21日計測
331 186    
280 176
第7回実船搭載試験
広島(大竹)
2015年4月1日〜2日計測
215 141    
220 142

主発電機の負荷・排ガス温度及びスートブローの状態により蒸気精製量の差が発生した

スートブローによる比較
image_figure10

スートブロー前

image_figure11

スートブロー後

排エコサイレンサ搭載後
停泊時 停泊期間   平均燃料消費量
kl/day
燃料削減量
kl/day
中国 5/30〜6/3 5日間 0.680 0.500
フィリピン 6/6〜6/8 3日間 0.740 0.440
中国 6/13〜6/15 3日間 0.750 0.430
ベトナム 6/19〜6/26 8日間 0.760 0.420
韓国(浦項) 7/15〜8/3 20日間 0.760 0.420
Ave.     0.747 0.433
米国*
(HOUSTON)
9/11〜9/18 8日間 0.750 -
米国*
(TAMPA)
9/22〜9/26 5日間 0.740 -

※米国ではA重油仕様のため、データは参考とする